ハーレーロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ロマンス。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

甘くてつらい記憶 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ローマで大企業を経営するドミニクは、五年前、フィレンツェの名門貴族デル・ヴェッキオ家の侯爵夫人に頼まれ家族で営む会社のために多額の融資をした。しかし返済期限がせまった今、夫人は、借金を返すめどがつかないので会社を譲ると告げてきた。ドミニクには会社をとりあげる気など最初からない。負債は帳消しにすると答える彼に、侯爵夫人は代案を出した。夫人の孫娘であるアリアンナと結婚してはどうか、と。アリアンナの写真を見せられたドミニクは驚きに打たれた。かつて、情熱的な一夜を過ごした女性がほほえんでいたのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マートン,サンドラ
アメリカの作家。1986年、ロマンス作家としてデビュー。その後次々と作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

南仏の休日 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジョシーは、母の遺産、南フランスの家“モン・アブリ”を相続し、新しい暮らしに夢ふくらませて、その地マントンへと向かった。しかし、そこで彼女を待っていたのは、隣人の手荒な歓迎だった。謎の隣人―リオン・ケント。ジョシーの父からモン・アブリを購入することになっていた彼は、家で眠っていたジョシーを侵入者と思い、追い払おうとしたのだ。最悪な形で出会ったジョシーとリオン。どちらが正当な持ち主なのか、鍵を握るのはショシーら父だったが、彼はアメリカにいて、戻ってくるまで一週間待たねばならない。やむなく家をめぐる争いも休戦、友達として共同生活をすることに。そう、二人は一週間だけの友達になるはずだった。ところが、リオンが口にしたのは…婚約しているふりですって。

恋人たちの岸辺 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
タラは一流のリクルート・サービス会社に勤めるキャリアウーマン。恋人に裏切られたのがきっかけで、仕事に生きる決意をした。以来忙しさを口実に、男性とのかかわりを避け続けている。そんな彼女の休暇先は、静かな川辺に立つ古い田舎家だった。外国を旅行中の両親が帰ってくる前に、彼らの持ち家のこの屋敷をぴかぴかに磨き上げておく―タラはそのためにひとりで休暇を過ごすつもりだったのだが、一家の船着き場にはなぜか豪華なクルーザーがとまっており、その持ち主アダムはあつかましくも魅力的な男性だった。夕食に招待させられたり、強引にペンキ塗りを手伝われたり。腹の立つ隣人だったが、タラは次第にアダムに惹かれていく。彼には婚約者がいると、はっきり知らされているのに。

千年の愛を誓って―ゴージャスな結婚〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エヴィのおなかには恋人の子供がいる。しかし、彼女はそのことを相手にきりだせずにいた。イギリスの旧家の娘エヴィ・デラヘイの恋人は、アラブのプリンス、シーク・ラシード・アル・カダーだからだ。この二年間、二人の関係はマスコミの好奇の的であり、それぞれの家族の頭痛の種だった。二人がどんなに愛し合っていても、ラシードはいずれ父の跡を継いで首長国を統治し、一族の女性を妻にするさだめを負っている。誇り高いエヴィは、子供を盾に結婚を要求するつもりはなかった。別れを覚悟して妊娠を打ち明けると、ラシードは結婚しようと言う。だが、その直後、彼とほかの女性との婚約が発表された。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リード,ミシェル
五人きょうだいの末っ子として、マンチェスターで育つ。現在は、仕事に忙しい夫と成人した二人の娘とともにチェシャーに住んでいる。読書とバレエが好きで、機会があればテニスも楽しむ。執筆を始めると、家族のことも忘れるほど熱中してしまう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

罪深き美女 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
南太平洋に浮かぶ島のリゾートホテルで働くアリーは、新しいオーナー、スレイドの冷酷な態度に困惑していた。アリーが彼の継母を恐喝したと誤解しているのだ。だがそんな態度とは裏腹に、向けてくるまなざしは灼熱の太陽のように熱い。ある日スレイドは、経営不振のリゾートホテルを存続させて島民を救う見返りに、愛人関係を結べと言ってきた。「なにも、きみは可憐で無垢な乙女じゃないんだし」軽蔑の言葉が発せられた次の瞬間、彼の唇が重なった。

内容(「MARC」データベースより)
南太平洋に浮かぶ島のリゾートホテルで働くアリーは、新しいオーナー、スレイドの冷酷な態度と、裏腹な熱いまなざしに困惑していた。ある日スレイドは、リゾートホテルを存続させる見返りに、愛人関係を結べといってきた…。

クリスマス・ファンタジー (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
五年前、まだ二十代のころに夫を亡くしたテイラは女手一つで十六歳の娘ケアリーを育てている。仕事は順調、娘との関係もまずまずだ。家族で過ごす楽しいクリスマスももうすぐ…。夫が伝統行事に無関心な人だっただけに彼亡きあと、一抹の後ろめたさを感じながらもテイラはこの特別な時期を楽しんでいた。ところが今年は、なぜか物悲しいような気分がこみ上げる。彼女の前にリックがさっそうと姿を現したのはそんな折だった。革ジャン姿でバイクにまたがり、姪のボーイフレンドとしてやってきた危険な匂いのする男。テイラにとって未知の領域にいる男。彼の鮮やかなブルーの目と目が合った瞬間、テイラの心に何かが起こった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
スティーヴンス,リンゼイ
オーストラリアの作家。ブリスベーン生まれ。図書館に勤務するかたわら書いていたが、作家になると心に決めたのは少女のころだという。趣味は読書、刺繍。系図学にも興味を持っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

恋人たちの岸辺 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
タラは一流のリクルート・サービス会社に勤めるキャリアウーマン。恋人に裏切られたのがきっかけで、仕事に生きる決意をした。以来忙しさを口実に、男性とのかかわりを避け続けている。そんな彼女の休暇先は、静かな川辺に立つ古い田舎家だった。外国を旅行中の両親が帰ってくる前に、彼らの持ち家のこの屋敷をぴかぴかに磨き上げておく―タラはそのためにひとりで休暇を過ごすつもりだったのだが、一家の船着き場にはなぜか豪華なクルーザーがとまっており、その持ち主アダムはあつかましくも魅力的な男性だった。夕食に招待させられたり、強引にペンキ塗りを手伝われたり。腹の立つ隣人だったが、タラは次第にアダムに惹かれていく。彼には婚約者がいると、はっきり知らされているのに。

冷たい瞳の誘惑者―アルコラール家に愛を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
友人の誘いでパーティに出席したメルセデスは、ひとりの魅力的な男性に目を奪われた。だが目が合ったとたん、彼の視線にひそむ何かに凍りついた。なぜそんなふうにわたしを見るの?身構えたメルセデスをよそに、彼は背を向け立ち去った。友人によれば、男性の名はジェイク・タヴァナー。やり手の実業家で、結婚に興味がないことで有名だという。気にしてはだめ。見知らぬ男性のことなんて忘れてしまおう。メルセデスはどこか落胆しつつも、自分にそう言い聞かせた。まさか、彼と数週間後に婚約するとは夢にも思わずに。

内容(「MARC」データベースより)
パーティに出席したメルセデスは、魅力的だが冷たい瞳をした男性に目を奪われた。やり手の実業家で、結婚に興味が無いことで有名だという彼。しかし、運命の歯車はまわりはじめた。数週間後、ふたりは婚約することに…。

パンドラの夢 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
それは雨上がりの深夜だった。不審な物音に目覚めたドーラは居間に下りていった。滞在しているコテージは姉夫婦の別荘で、二人は今旅行中だ。居間には疲れきった顔の、裸足の少女が震えて立っていた。そしてキッチンには見知らぬ男が…。男は不法侵入しておきながらドーラに驚かされたようなことを言い、このコテージにはドーラが寝起きしていると知ると出ていこうとした。だが女の子は見るからに具合が悪そうだ。熱があるに違いない。ホームレスのような男の格好を見れば不安を駆り立てられもするがドーラは子供を見捨てておけず、泊まっていくよう申し出る。そこへ、警報装置が作動したと連絡を受けた警察がやってきた。気がつくとドーラは、何も異状はありませんと嘘をついていた。

二人のミレニアム (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
夫のモーガンが生きているですって!モーガンは四年前、新妻だったフリスを置いてアフリカに行き、内戦に巻きこまれて死亡したと信じられていたのだった。命を絶ちたいと思うほどの苦しみからようやく立ち直り、フリスは田舎町で教師として新しい生活を始めていた。精神的に支えてくれた牧師グレアムと婚約もした。モーガンへの愛は力強く情熱的で嵐のようだったが、危険を冒して旅立った彼には今も許しがたいものを感じている。一方グレアムは、もっと穏やかな愛のかたちがあると教えてくれた。しかし、複雑な思いを胸に再会したモーガンはフリスを圧倒した。その荒々しい男性的魅力は四年前のままだった…。

{台東紀行} {東京ぶらぶら} {高収入バイト情報} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {千葉の印刷なら千代田印刷} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {台東クラブ} {ハロー!江東区!} {電子たばこ} {GOGO!江戸川区!} {墨田区紀行} {美容外科} {鶯谷・うぐいすだに} {アキバ中毒のページ} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO}

ooo新鮮 魚料理を食すooo アイスが食べたいお年頃@千葉ooo TOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)ooo おいしいくだものメニューooo ショッピング 検索ooo 100均より安いooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 千葉文化ぶんか!ooo 美容.コレクションooo 新聞を読もう!ooo 山手線エリア 珈琲~Coffee~ooo 歴史千葉ooo 千葉を中心としたの潮干狩り場・潮干狩り情報をご紹介する~ちば潮干狩り.COM~ooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo 「TaEco」(タエコ)ooo 千葉天ぷら・千葉天ooo 東京ぶらぶらooo IIS設定備忘録ooo 和菓子de千葉はんなりooo 千葉県の自然ooo